みなとみらいのカフェで愛犬を静かに待たせる練習をしてみた。

スポンサーリンク

前回の記事では2020年10月にみなとみらいへ行った様子を書きましたが、その翌月の11月にも遊びに行ってきました♪

前回の記事はこちら↓

10月に見た大きな客船。

この日も「どーん!」と迫力がありました!(写真じゃ伝わらないけど…)

赤レンガ倉庫周囲は、血統書付きのおしゃれなワンちゃんがいっぱいおりましたが、元野良犬の雑種のミミもだいぶ馴染んできたかな?

いや、アップにすると、どう見ても横浜に迷い込んできた野良犬ですな。(笑)

さて、気を取り直して…。

横浜みなとみらいには「犬連れOK」のカフェがいくつかあるのですが、なんと!赤レンガ倉庫内には店内なのに犬連れOKなところもあってビックリ!

でも当時のミミはまだお散歩トレーニングしかしていなかったので、赤レンガ倉庫から少し歩いたところにある、象の鼻パーク内の「象の鼻テラス」でカフェデビューいたしました。

このカフェは店内は犬NGですが、テラス席ならOKです。

景色を見ながら食事をしたかったので、私たちはテラス席から少し離れたところへ移動しました。

カフェデビュー

さぁ~ミミは静かに待てるかな?

 

 

 

 

息子の「あおり」にもめげず、飛びつくことなく上手に「待て」できました。

人間が食事する姿をただ黙って見ているだけだなんて、犬からすると腹立たしいかもしれませんね。(笑)

ちゃんと静かに待っていてくれたミミには、この後とっておきのオヤツをあげましたよ。

3回目の横浜みなとみらい訪問

私たち親子と1匹は、懲りずにまたみなとみらいへ遊びに行きました。

この日は2021年3月。

まだまだコロナの影響で、赤レンガ倉庫周辺も閑散としておりました。

息子は当時小学4年生でしたが、本業の私よりも犬のトレーニングが上手で、ミミは息子を引っ張ることなく、ちゃんと歩幅を合わせて歩いておりました。

写真を撮るのに必死な私を置いて、野良犬と少年はどんどん先に行ってしまいましたよ。

出会ってからまだ間もないミミと息子。

でもしっかりと信頼関係ができておりました。

そろそろ帰る時間となり、トイレに駆け込む息子。(高速道路は渋滞がつらいですからね…。)

大好きな息子っちがいなくなって、心配そうにトイレの方向を見つめるミミ。

戻って来たときのミミの安堵感。

見ていて面白かったです。

つづく…。(えっ?まだ横浜話続くの?)

コメント