トイプードル(ちゅらちゃん)

 
犬種: トイプードル(ちゅらちゃん)
レッスン開始時: 生後5ヶ月
当時の悩み: 基本的なしつけ方を学びたい
お座りしているトイプードルのちゅらちゃん トイプードルのちゅらちゃん。入門コースを無事に卒業いたしました!
『様々な場所でルールを守れる子になって欲しい』としつけのご依頼を頂いたのですが、レッスン当初からちゅらちゃんは飼い主さんの指示によく従っておりました。それもそのはず。飼い主さんのご職業は保母さん。小さい子供を相手にお仕事なさっている方は、なぜか犬のしつけもお上手なんですよ。
あとちゅらちゃんの飼い主さんに必要なことは、犬に何かを教える時のタイミングを掴んでいただくことだけ。しかし私の出番はあまりないほど、あっという間にコツを掴んでいらっしゃいました。^^;
飼い主さんは熱心にトレーニングをなさっていたので、ちゅらちゃんの覚えもとても早かったです。その熱心ぶりは飼い主さんの職場でも発揮されたようで、ちゅらちゃんのトレーニングが始まって以降、園児に「オスワリ」とつい言ってしまうようになったそうです(笑)。・・・てことは、私が自分の子供を育てるようになったらオスワリどころか「フセ」ってつい言っちゃうのかな?(自衛隊か!) 私の子供は「ホフク前進」がうまくなりそうです。
私の子育て法はさておき、ちゅらちゃんの入門コースの最終日はドッグカフェとドッグランにてレッスンいたしました。レッスンといっても、飼い主さんとお茶を飲みながら楽しくおしゃべりをしていただけですけどね^^。仕事放棄していた訳ではないんですよ。もうこれ以上何も教えることがないほどちゅらちゃんがおりこうさんだったんです。カフェの店員さんにも「この子はおとなしいね~」と何度も言われておりました。
お茶の後はドッグランデビュー!・・・のはずが、ちゅらちゃん以外1匹もおらず貸切状態でしたが結構楽しく遊べました。(←最後まで仕事モードではない藤原でした・・・。)
飼い主さんとは「またドッグカフェでおしゃべりしましょう!」と遊びの予定を立てるなど、全くしつけと関係のないお話で盛り上がりました。
「ちゅらちゃん、また千秋おばちゃんと遊んでね!」
ドッグランを駆け回るトイプードルのちゅらちゃん