ゴールデンレトリーバー(ボブ君)

 
犬種: ゴールデンレトリーバー(ボブ君)
レッスン開始時: 生後6ヶ月
当時の悩み: 引っ張り癖・拾い食い・基本的なしつけ方を学びたい・他
お座りしているゴールデンレトリーバーのボブ君 ゴールデンレトリーバーのボブ君。胸を張って写っていますね(笑)。入門コースを卒業したからでしょうか?・・・そんな訳ないか(^^;
ボブ君には仲間犬がおります。先住犬のゴールデンレトリーバーのジェイク君。ジェイク君は奥様がしつけ担当。そしてボブ君はご主人が。仲の良いご夫婦を見ていると、しつけを忘れて「素敵なご夫婦だなぁ」と見とれてしまいました。
ご主人も奥様もとっても穏やかな方でした。性格って犬も似てくるんですよ。もともとやんちゃな犬でも、穏やかな方がしつけると徐々に落ち着いてきます。もちろんしつけの際には根気が必要ですから、諦めてしまえばやんちゃなままですが・・・。
さて、ボブ君のレッスン開始時は引っ張り癖が強かったのですが、飼い主さんの熱意がボブ君に伝わり、何とか飼い主さんの横をついて歩くようになりました!ボブ君の飼い主さんは本当に熱心にレッスンを受けてらっしゃいました。レッスンの終了時間にはいつも額に汗が・・・。私もトレーニングの修行中は、汗だくになって頑張りました。しつけに必要なのはいつも言っておりますが「愛情と根気」です。
1~2ヶ月集中してトレーニングして結果がでたとしても、これで終りではありません。ここからが大切です。まだまだ興奮材料がたくさんある場所では油断できませんので、絶対に諦めずに、愛犬にどんな物よりも飼い主さんの方が魅力的だと思わせるように頑張ってくださいね!
去勢手術後のゴールデンレトリーバのボブ君の様子 卒業後、ボブ君の飼い主さんよりいただいた写真です。
『去勢後の情けない姿も見てください。親バカですいません。』とのコメントつきでした(笑)。
レッスン中いつも思うことがあります。親バカの飼い主さんだからこそ、愛犬との信頼関係をより深く築いていけるのだと。
これは一緒に住んでいないトレーナーの私では築けない関係です。
どんどん親バカっぷりを発揮して下さいね。(*^ ^*)