ヨークシャーテリア(クーちゃん)

 
犬種: ヨークシャーテリア(クーちゃん)
レッスン開始時: 生後4ヶ月
当時の悩み: 興奮しやすい・甘噛みが痛い・ペットシートを噛みちぎる・引っ張り癖・他
カメラ目線のヨークシャーテリア パピー&入門コースを卒業しましたヨークシャーテリアのクーちゃん。
飼い主さんの当初のお悩みは『甘噛みがひどい・飼い主さんの口元に飛び掛り口の中が出血する・吠える・ペットシーツを噛みちぎる・散歩中引っ張る・ケージから出すとほとんど休みなく走り続けたり物を噛み続ける』とのことでした。そんなおてんばクーちゃん♪
飼い始めた当初から咳をしていて動物病院にかかっていたそうですが、担当の獣医さんより「この子のように興奮しやすい性格の暴れっ子にはよくあること」と言われたそうです。
レッスン当初はずっと興奮状態で、ノンストップで部屋中を走り回っておりました。
このパワーを風力発電とか水力発電のように「犬力発電」として利用できないものかと思ったほどです。(笑)
さてそんなクーちゃんでしたが、入門コースを卒業時には飛びつきが減り(多少はビヨ~ン、ビヨ~ンと飛びますが・・・)、飼い主さんを噛むことも少なくなりました。全然待てなかったのに飼い主さんの指示でかなり長く待つこともできるようになりました!引っ張り癖も随分となくなりましたが、興奮物(子供や自転車など)を見るといつものパワーが復活しパニック状態になることがまだあります。
あとはクーちゃんの興奮のスイッチが入っても、飼い主さんの一声でそのスイッチをオフにすることができるようトレーニングを継続するのみです。
柴犬の利希君の欄でもコメントしましたが(下記参照↓)、クーちゃんをしつけるには通常の「倍以上の根気」が必要です。
でも私は今までそういう子をしつけることを一度も「苦」だと思ったことはありません。犬とトレーニングすることは私の趣味みたいなものなので、逆にそれを楽しんでおります。トレーニングを諦めなければ愛犬は必ずその努力に応えてくれますから、みなさんも愛犬を信じてあげてトレーニングを続けてくださいね。
クーちゃんのようにパワーがある子は楽しい芸などを教えるとあっという間に覚えちゃいます。飼い主さんとの絆もますます強くなりますからクーちゃんの飼い主さんにもぜひ今の調子で頑張っていただきたいと思います。
さてクーちゃんですが、次は初級コースにチャレンジいたします。
卒業の頃はどう変化しているかな~?


初級コース卒業後↓

クーちゃん、初級コースを卒業いたしました!
いつもご夫婦で仲良くレッスンを受けていただき、私が放って置いてもご自分達でどんどんトレーニングを続けておられ、気が付いたらクーちゃんは落ち着くのも早くなり、随分と長く待っていられるようになりました!クーちゃんは遊びが大好きで何かを教えるとすぐに覚えてしまいます!そこで臭いを嗅がせて物を見つける遊びを教えてみました。私はこれを「警察犬ごっこ」と呼んでいます^^
飼い主の指示に従うヨークシャーテリア
①飼い主さんの「マテ」の指示に従うクーちゃん
物品を探すヨークシャーテリア
②「探して」の指示で
おもちゃを探しています!
飼い主の顔を見つめるヨークシャーテリア
③「見つけたよー」と得意げなクーちゃん。すごーい!
飼い主の元に物品を持って来たヨークシャーテリア
④探したおもちゃをきちんと
持ってきました!
おやつをもらうヨークシャーテリア
⑤「早くおやつちょーだい」
おやつの為ならエンヤコラ♪
クーちゃんの飼い主さん、ここまで本当にお疲れ様でした!毎回クーちゃんと飼い主さんの絆がどんどん強くなっていくのが感じられました。
まだまだ遊びたい盛りですから落ち着きがないことは多々?あるかと思いますが(笑)、これからも遊びを中心に楽しく暮らしてしてくださいね!