ラブラドールレトリーバー(マル君)

 

犬種: ラブラドールレトリーバー(マル君)
レッスン開始時: 1才7ヶ月
当時の悩み: チャイム、来客、物音に吠える・引っ張り癖・他
カメラ目線でお座りしているラブラドールレトリーバー 第1回目の初レッスンの日、チャイムを鳴らすとマル君はとても男らしい渋い吠え声で私を迎えてくれました(笑)。
お部屋へお邪魔してからもしばらく吠えていたのですが、徐々に私が怪しい人ではないと分かってくれたようでした。
少し恐がりな面があるマル君に今後必要なのは「吠えなくても何も恐くないから大丈夫!」という気持ちで飼い主さんが吠え止ませ、マル君に「この人がいれば何も恐くない」と安心感を持たせていくことです。こうしていくと不思議と吠える前に飼い主さんをチラッと見て、今ある状況が危険なのか安全なのかと確認を取るようになってきます。犬の行動って面白いですね~。^^
警戒すれば吠えるという行動は犬にとっては普通のことなのですが、人間と生活するにはルールもありますから、吠えっぱなしにさせるのではなく飼い主さんの号令で吠え止むようにトレーニングをしてください。
マル君の飼い主さんはもともとしつけがお上手で、あとはもう少しリーダーシップを取った生活を心がけていただくことだけでした。
そして飼い主さんの努力の結果チャイムが鳴っても吠えなくなりました!人の気配がすると吠えることもありますが飼い主さんの一声で吠え止むことも増えてきました。
引っ張り癖に関しましてはまだまだ油断はできません。飼い主さんが倒れて怪我などしないように、入門コース卒業後もしばらくはハルティー(引っ張り防止用のしつけ道具)を使用しながら、リーダーシップを取ったお散歩トレーニングをしていただいています。
ハルティーに頼らなくても飼い主さんの横をついて歩くようになってきたのですが、興奮物(マル君の場合は人や犬)を見ると突進するためまだまだハルティーが手放せません。しかしその興奮物を見ても飼い主さんの指示通りその場で待てるようになってきました。あとはトレーニングを継続するのみです。
諦めずにトレーニングを続けると必ず引っ張り癖や興奮を抑えることができるようになりますから、根気と愛情をもってぜひ頑張っていただきたいです。
飼い主さんも「だいぶ生活しやすくなりましたがまだまだ気を抜かずに頑張っていきます!」と前向きな姿勢でらっしゃいました。^^ 
本当に飼い主さんもマル君もここまでよく頑張られたと思います。
レッスンお疲れさまでした!