西日本豪雨

ここ数日、ニュースを観て涙ばかり流しておりました。
大切な人を失った心の痛みや悲しみは、どうやって乗り越えたらいいのでしょうか。
お子さんを必死に探していたお母さまのうしろ姿が、目に焼き付いて離れません。
今の私に出来ることは、目の前にいる息子を精一杯育てることだと感じました。
息子の手の中でお食事中のクーちゃん。

01
息子に抱っこされながらおやつを食べるリック。

02
息子がこのまま、優しい子に育ちますように・・・。
そして誰かの心の支えになれるような、そんな人になってくれますように・・・。
みんなの心が一つになれば、色んなことを乗り越えていけると信じております。

コメント

  1. SAL子 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    クーちゃんもリック君も元気で良かった(^-^)
    息子ちゃんは今のまま大人になれば大丈夫♪
    きっと優しくて泣き虫で・・泣き虫で・・でも、頼りになる素敵な大人男子になるわよ(^-^)
    猛暑続きで被災地は大変だよね;;
    広島、岡山には釣り友が沢山居て心配なババ;;
    なんとか乗り切って欲しいと毎日祈ってる
    (><;)

  2. Chiaki より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも気にかけてくださってありがとうございます!
    クー&リックの元気な姿を定期的にアップするつもりが、遅くなってしまいました。。。
    私も、広島にご実家がある友人がいて、連絡がとれるまで心配でしたが、先日みなさんご無事との確認がとれてホッとしているところです。
    SAL子さんの釣り仲間のご友人のみなさんも、なんとか乗り切っていることを祈っております。
    暑い日が続いておりますので、SAL子さんもどうかご自愛くださいね^^

  3. もぐっこ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます。
    大阪の地震、西日本の豪雨、連日の猛暑による熱中症など、
    胸が痛くなる出来事が続きますね。。
    自分よりも大切な子供の命、
    失ってしまったらどうなってしまうのでしょうか。
    いつまでも守っていけるわけではないので、
    息子には自分の身を守る方法をしっかりと教えながら、
    一緒にいられる今はたくさん心配させてほしいなと思っています。
    続きの話になってしまいますが、
    授業参観、オッケーが出たので行ってきました。
    以前あった土曜日の学校公開よりは人数が減っていましたが、クラスの半数くらいの保護者が来ていましたよ(*^^)v
    親に対しての恥ずかしい気持ち、出てきてますよ~!
    中学に入って塾に通いだしたのですが、帰りの時間が夜遅いので
    (といっても21時半くらいなのと、
    わりと駅に近いほうなので明るい道を通るのですが)
    迎えにいってたんです。
    そしたら、クラスメイトに見られたらしくて
    送迎はやめてほしいと断られました(-_-;)
    しかし!
    部屋の都合で家族三人川の字で寝ているのですが、
    夜中にふと起きた私が息子をポンポンとするともぞもぞと寄ってきます(´▽`*)
    親ばか全開、失礼しました<(_ _)>

  4. Chiaki より:

    SECRET: 0
    PASS: 920d775b072ef18affcaf52bd25ec75c
    おはようございます。
    もぐっこさんからのコメントで気が付きましたが、私も息子にも、自分で身を守る方法を教えなきゃと思いました。
    まだ7歳なのでつい「私が何とかしなければ」と過保護になってしまいますが、よく考えると常に私がいるわけではないですからね・・・。
    ところで、そうでしたか!息子さんのOKが出たんですね!そして他の保護者の方も多かったとのことで、まだまだ本音は、親に来てもらいたいと思っているのだと感じました。
    塾は、やはりそのくらいの時間に終わるんですね。夜の送迎は親としては絶対にしたいところですが、そっか・・・クラスメイトに見られると恥ずかしいのか・・・。小学生の時よりも中学の方が、保護者の心配事が増えそうですね。。。
    川の字で寝るの素敵です!外国の方が、「川の字スバラシイ~!親子の絆が強くナリマス!」と言って、真似していた方がおりました^^
    息子さん、やはり本音はまだまだお母さんに甘えたいんですね♪
    いつかは嫌でも親離れする子供たち。そんな日が来るギリギリまで、私も息子を甘えさせようと思います!
    素敵なお話をありがとうございました^^