スポンサーリンク

手作りすごろくゲーム。

最近の我が家のブームは、手作りのすごろくゲームをやること。息子と協力して作るのですが、息子が提案するすごろくは毎度毎度「3マス戻る」とか「一回休み」とか、全然前に進まない。
子供の睡眠時間を考えると母としては9時には寝てもらいたい。そこで私は、このような提案をして先を急ぐのです。
01
ゴール近くにワープできたり、
02
20マスすすんで、すたこらさっさとゴールを目指すのです。
03
すごろくの後は、かあさん恐怖の「絵本読み聞かせ10冊祭り」が待っていますからね、さっさと終わらせましょう。さっさと。
すると、ゴール目前で息子が「スタートに戻る」を書いてと言う。
004
やっと中間まで進んだと思ったら、どこからともなくネズミちゃんがやってきて、
05
私のコマをぶっ飛ばしてゆくのです。
06
そして自分がどこだったか分からなくなると、またスタートからやり直しさせられるのです・・・。
07
全然終わりませんよ~!!!
☆☆☆
息子のオヤスミ前のすごろくや絵本読み聞かせ祭りですが、時々リボンちゃんの起床時間と重なり、すごろく中に部屋んぽさせています♪ そして次々とすごろくのコマを蹴飛ばしてゆくのです(笑)
すごろくのマスのドラえもんやリボンちゃんの絵で止まった人は、その「物まね」をするルール。双葉の絵のところは植物の真似をするのですが、息子の植物の真似は涙が出るほど上手です。植物の物まねを何とかしようとする健気な6歳児です(笑)
☆☆☆
最後まで読んでくださってありがとうございました!「読んだよ~」と応援クリックしていただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

コメント

  1. ぽっぽの管理人 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは^^ なかなか思惑通りにいかないようですね~ 息子ちゃんの植物の物まねが見たい!(笑) 遥か昔、私も子供達に本の読み聞かせしたのを思い出した。。息子は最後まで、おとなしく聞いてたけど、娘は自分好みの本じゃなかったら途中でも勝手に、おしまい(^^♪と閉じてました。。自我のはっきりした子で、そのままに成長しました。(笑) 個性が違い過ぎるジュンと蛍です (^^)

  2. Chiaki より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは☆ はい。そうなんです。親の心子知らずです(笑) でも息子の植物の物まねを見たら色んな疲れも吹っ飛びます♪ お見せしたいくらいです(笑) 純さんと蛍さんが(←もう、本名だと思っている私^^;)、きちんと社会人になるまでお育てになったお母様。ホント、尊敬いたします。まだまだ人間になる途中のような息子。優しい成人男性に育ってくれるか心配です。。。 私の息子は興味がない本はあくびをして「面白くないんですけど~」とアピールしてきます(笑)